船舶免許で無駄なく結果を出す方法とは

船舶免許の勉強するにあたり、何回も試験に落ちるような人がいます。基本的に80%から90%の人が一発でわかりますので、大抵の場合はわかるわけですが、それでも何度も受験にトライし失敗する人もいるわけです。大抵そのような人は学生時代にそれほど勉強ができなかった人かもしれません。ではどのようにしてそのような人たちが短期で受かるのでしょうか。

もともとの頭の問題と言われていますが、実際には頭の問題はあまり関係ありません。頭の問題が関係あるのは、外ハイレベルな争いの場面です。船舶免許の場合はもちろん特別簡単な試験と言うわけではありませんが、だからといってハイレベルなものでもありませんので、頭の問題は一切無視して構いません。それよりも、80隊20の法則を頭に入れることの方が大事です。

船舶免許において80隊20の法則とは、簡単に言えば重要な部分は2割しかなくその2割が80%を占めていると言うことです。船舶免許の試験では、試験範囲の家重要な部分が2割しかないことがわかります。その2割を徹底して勉強すれば、80点は取得できることを意味しているわけです。そうだとすれば、最初から8割の部分は捨てて構わないことになり、勉強時間も5分の1で済む理屈です。

ただ実際にはいきなり最初から2割の部分が分かるわけではありませんので、絞り込みをするためによく出る問題を徹底的に行うことが必要です。その結果、2割とは言わないまでも3割位の勉強で、合格できることもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です