船舶免許は色んな国内アクティビティーで役立つ

世界屈指の観光都市となった日本では、全国各地で観光スポットが点在をしています。首都である東京だと隅田川から両国・浅草などの下町で小江戸の風景を今でも残しているところです。名古屋なら栄区、大阪は道頓堀界隈が人気となっているスポットです。この3か所で共通をしているのは、大きな川があるという点です。

そしてそれを上手く活用をしてアクティビティーを用意しており、水上バスや屋形船に乗船をすることもできます。ここでは簡単に、東京で利用が出来る屋形船について見ていきましょう。隅田川からお台場まで向かえる船で、20名程度の定員で乗り込むことが可能です。江戸時代に起源を有しており、船内には畳敷きの和室があるのでゆっくりとくつろぎながら水上散歩を満喫できます。

船のサイズは1トンクラスで、1200ccのエンジンを有しています。以前は手漕ぎ式でしたが、現在は必ず船舶免許を所有した乗員が操縦をして目的地へと行くサービスになりました。船舶免許は中型船舶免許となり、25時間の学科と実技講習を経てライセンスを取得することができます。名古屋や大阪のアクティビティーでも同様で、いまでは船舶免許を保有すれば観光業を立ち上げられると注目を集めるまでになりました。

とくに船は日常的に利用をする機会が少なく、多くの観光地で利用をしたいという方が大勢います。これから新しいアクティビティーサービスを実施したいという場合は、船舶免許を手に入れるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です