離島暮らしを支えられる業務に必要な船舶免許

八重山諸島から奄美大島、さらには八丈島といった本土から離れた小島でも、多くの方が生活をなされています。昨今では新しいライフスタイルが確立をされたことも相まって、大都市から離島へと移住をなさる方も多くなりました。自由に働けるテレワークが普及をしたことが要因となっており、自然豊かな場所で子育てをしたいという方も多いわけです。離島暮らしというと、少し不便な面もあります。

それは商業施設が島の中にない点です。食品から衣類・医薬品などを買い求めるには、本島という大きな島に行かないといけません。また定期的に訪れる商業船を活用すると、少し生活が楽になります。そこでここでは、商業船の概要と必要な船舶免許について解説をしていきます。

八重山諸島を例にあげると、週1回は必ず石垣島から出航した商業船が各小島を巡って商品を販売されているのが特徴です。地元の方々からは水上スーパーと呼ばれており、欲しい品を届けてくれる役立つ店と言われるほどです。町営となっているのが特徴で、中型船舶免許を有した船員が操縦を実施しています。1200ccのエンジンを有したクルーザーで、これを操るには中型船舶免許が必須です。

そして業務委託で営業をされている方も多く、本業は漁師という方が大半です。漁船の操縦とまったく変わらないので、副業で水上スーパーの乗員になっている人も多い傾向です。島暮らしの基盤を支えている方であり、頼りにされています。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です