船舶免許が必要になる理由とは

総トン数が20トン未満の船舶を操縦するのに必要となるのが船舶免許で一級と二級、特殊の3区分が存在します。小型船舶を広い海などで操縦するのは爽快ですが、最低限の知識と技術を習得しなければ免許は交付されません。知識と技術を習得したことを証明するには、国家試験に合格するか登録小型船舶教習所の修了試験に合格する必要があります。登録小型船舶教習所で一定の教習を受けて修了試験に合格すれば、国家試験は免除されるので効率的です。

船舶免許を取得するには2種類の方法がありますが、多くの人びとは国家試験を受験しています。登録小型船舶教習所を修了するのと国家試験に合格するのでは、難易度や時間などに大きな違いがありません。国家試験を受験する場合には、免許スクールに通って学科と実技の講習を受けるのが一般的です。免許スクールは日本全国に数多く存在しますが、登録小型船舶教習所はあまり多くありません。

多くの人にとって、免許スクールに通って国家試験を受験する方が都合がよいという事情があります。免許スクールで一級を取得したい場合、講習時間の目安は学科が1日から2日で実技は半日から2日とされています。登録小型船舶教習所を利用する場合、教習時間の目安は学科が24時間以上で実技は12時間以上です。最も難しいとされている一級でもそれほど時間をかけず取得できます。

総トン数20トン未満の船舶を操縦したいのであれば、免許スクールか登録小型船舶教習所を利用して船舶免許を取得するよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です