船舶免許を取得するためには

船舶免許(ボート免許)には、「一級小型船舶操縦士免許」「二級小型船舶操縦士免許」「二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)免許」「特殊小型船舶操縦士免許」の4種類があります。乗り物の大きさや排気量などで区分けする車やバイクの免許の種類と異なり、船舶免許(ボート免許)は基本的には操船場所や陸岸からの距離で区分されるのが特徴です。自分のプレイフィールドやスタイルにマッチした船舶免許(ボート免許)を選ぶことが重要だと言えるでしょう。合格後にどのような場所で運転したいのかをよく検討し、受験することが大切です。

免許を取得するための試験を受けるにはいくつかの条件があり、年齢や視力など一定の要件を満たした人が受験できます。聴力や疾病状況なども確認されるので、途中で受けられないということにならないよう要件を満たしているかあらかじめきちんと確認しておきましょう。船舶免許を取得するには、住んでいる地域にあるスクールを受講してから国家試験を受けることになります。身体検査と学科試験、実技試験を受けることになりますが、実技試験免除コースを受講の場合は実技試験は免除になるでしょう。

無事に免許が取得できたら、海が好きな人にとってとても魅力的な世界が広がります。受験に向けては計画的に勉強したり実技の練習をしたりする必要があり大変ですが、合格に向けて一生懸命取り組むのがおすすめです。合格後の喜びもひとしおかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です