船舶免許を取得するには

自分で船を操縦出来る船舶免許に憧れを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、船舶免許は一体何処で取得出来るのかわからないという方が大半です。船舶免許の取得は、国土交通省によって認可されている小型船操縦教習所に入校し、そこで試験をクリアすることで取得可能となります。認可されている教習所のメリットは、国家試験と同等とみなされる修了試験を受けることが出来るので、国家試験そのものは免除される点です。

ところが、身近にこういった教習所がなくても船舶免許は問題なく取得することが出来ます。車と同じように、船にもスクールがあるのです。こうしたスクールは全国にあり、講習と実技を受けたあとは国家試験をクリアすることで免許が取得出来ます。船舶免許を取得するためには、あらかじめ決められた学科講習と実技講習を受ける必要があります。

免許の種類によって必要な学科時間と実技時間が異なるので注意が必要です。学科では、操縦者としての心得だけではなく交通ルールや運行方法を学びます。実技においては、実際に船に乗り操縦方法やエンジンの始動・停止などの基本を取得するのです。もともと海に興味や関心のある方にとっては、内容自体が楽しめるものとなっています。

国家試験には身体検査があり、簡単な運動機能のチェックが行われることも覚えておきましょう。その後は学科と実技の試験が待っています。実技に関しては70%以上の得点でクリアです。減点方式ですが、あせらずに基本に忠実に行動すればそれほど難しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です