船舶免許とは何かどういった種類があるのか

船舶免許は名前からも想像がつくように、船舶の操縦に必要な資格のことで、正式名称を小型船舶操縦士免許という立派な国家資格です。船舶免許はエンジンがついているボートを始めとして、ヨットや水上オートバイの操縦に必須で、資格を持っているとマリンレジャーなどの遊びの幅が格段に広がります。国家資格の船舶免許には一級小型船舶操縦士免許を始めとして、二級小型船舶操縦士免許と二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)免許や特殊小型船舶操縦士免許があります。これらは操船する場所と陸岸からの距離によって分けられており、一級小型船舶操縦士免許が最も自由度の高い資格となっています。

一級小型船舶操縦士免許はいわゆるスポーツフィッシングだったり、外洋セイリングをしたい人に向いています。二級小型船舶操縦士免許は、自動車でいうところの普通免許に位置づけられているので、とりあえずこの資格があれば割りと広く楽しめます。二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)免許は、特殊小型船舶操縦士免許の限定版で、文字通り湖での活動に限られるのが特徴です。特殊小型船舶操縦士免許は水上オートバイの為の資格で、他の船舶の操縦は認められないことから、とても分かりやすい資格ですし、水上オートバイに乗るならこれ一択となります。

船舶免許は1級が満17歳9ヵ月、それ以外が満15歳9ヵ月で受験資格が得られるので、後は視力や色覚、聴力などに問題がなければ試験に挑戦できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です