船舶免許の年齢制限とは

船舶免許は、その名前の通り、船を操船するために必要となる免許のことを指しています。自動車を運転する際に普通自動車第一種免許を取得しなければならないのと同様に、船を操船する場合には専用の免許が必要となります。船舶免許は、一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許などが有名です。そのほかにも、特殊小型船舶操縦士免許や湖川小出力限定の免許もあります。

これらの船舶免許は、国家試験を受けた上で取得しなければなりません。国家試験は実技試験と筆記試験に分かれておりどちらにも合格する必要があります。なお、船舶免許の国家試験には年齢や視力などの制限が設けられています。受験日までに一定の年齢に達していない人はそもそも受験することができないのです。

受験可能年齢については、一級小型船舶操縦士免許が満17歳9か月となっています。二級小型船舶操縦士免許や特殊小型船舶操縦士免許や湖川小出力限定免許などについては、満15歳9か月から受験が可能となります。また、船の操船は周囲の安全にも関わるため、視力が良いことも受験資格となっています。矯正視力両眼とも0.5以上でないと受験できません。

色覚に関しては、夜間において船舶の灯火の色を識別できることが条件となっています。聴力が弱い方や身体機能に問題がある方も受験できませんので注意が必要です。詳しい条件等については、船舶免許の国家試験の案内ページで確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です