船舶免許の航行区域と操船が認められる船の大きさ

船舶免許は操船可能な航行区域と船の大きさによって、1級から特殊小型船舶まで種類が分けられている資格です。1級船舶免許は外洋の船舶操船が可能な最も優れた資格で、20トン未満の船舶であれば自由に操船することが可能です。2級船舶免許は平水区域と海岸より5海里以内という条件はつくものの、20トン未満の船舶を操船できるのは1級と同じです。ただし、国家試験合格時に満18歳でない人は、18歳になるまで操船可能な船舶は5トン未満に制限されます。

5海里はメートルに換算すると約9キロメートルなので、9キロメートルを超える船舶の操船には1級の取得が必要となります。湖川小出力限定免許は名前のように、湖と川に限定される資格で、5トン未満の重量のエンジン出力15kW未満の船舶の操船ができます。湖と川は自己判断ではなく、指定されている区域内での操船が不可欠なので、操船する際には区域の確認が重要となります。特殊小型船舶免許は陸岸より2海里以内、約3.7キロメートルの範囲が航行区域で、操船が認められるのは水上オートバイのみとなります。

特殊というだけあって、特別に設けられている免許だといえますし、対象が水上オートバイと明確なので、とても選びやすく比較的取得の難易度も低いです。船舶免許には年齢や視力、色覚と聴力、疾病や身体機能の障害といった受験条件がありますから、健康な人でなければ試験は受けられないです。詳細な条件は種類によって異なるので、資格に興味を持ったり受験の検討を始める場合は、最初に条件を確認することをおすすめします。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です