ジェットスキー免許の教習について

ジェットスキーとは、マリンスポーツの一つで1人から数人乗りの小型船舶で楽しむレジャーです。本体を販売している企業によっては水上バイクとも呼ばれます。ジェットスキーの呼称は、バイク製造などで著名なカワサキが製品を売り出したときに採用しました。小型船舶ということなので、運転をするにはジェットスキー免許を取得しなくてはいけません。

ジェットスキー免許の正式な名称は、特殊小型船舶操縦士免許と言います。船舶免許と聞くと複雑な印象を受けるかもしれませんが、購入によっては最短1日で取得できることもあり、感覚としても原動機付自転車の免許制度に近いものですね。ジェットスキー免許を取得するまでの流れは、まず実技を学科を含めた講習を受けます。実技講習は実際に水上で機体を走らせ、まっすぐに動かしたり8の字型に操縦したり、水上に現れる危険物を避けるなどの方法を教授を受けます。

学科の内容は、陸上の交通ルール習得に近いもので、船舶を運行する上でのマナーについてです。その他小さいとはいえ船を操縦する船長としての考え方と態度、海や川、河口付近で具体的なルールを学ばなくてはいけません。実技試験の合格基準は、基本的な操作が身について居るかどうかです。加速が不十分であったりすると不合格になるので注意しましょう。

筆記試験の合格点数は全55問中33問正答なので、さほど困難な基準ではありません。とはいえ、油断すると事故や大怪我につながるのは水上も陸上も同様な問題です。出来れば高得点で試験に通ることを目標として挑みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です