水上バイク免許で操縦できる船舶

水上バイク免許を取得すると、その他の様々な船舶を操縦できると考えている人も少なくありません。しかし水上バイク免許は法律上は特殊小型船舶免許と言う名称であり、これは水上バイクやジェットスキーなどの限定されたもののみを操縦できる免許となっている点が特徴です。従って、水上バイク免許では水上バイク以外を操縦する事はできません。特殊小型船舶免許と言う名称から、小型船舶免許の1種であると考える人も多いのですが、実際には全く独立したものであることが特徴となっています。

これは水上バイクと言う全く新しい乗り物に対応するために作られたものであり、船舶免許の1種でありながら船舶免許とは全く異なるものであるためです。その理由は水上バイクが一般の船舶とは操縦方法や注意点が異なる点にあります。水上バイクは自動二輪車と操縦方法が非常に似ており、ハンドルとそのグリップ部分にあるアクセルで速度を調節する仕組みとなっているのがポイントです。一般の船舶は自動車の運転と似ている部分もありますが、操縦を行っている際の船舶の挙動は大きく異なるものとなります。

さらに高校することができる範囲も大きく異なっており、その環境が全く違うことから小型船舶の知識では安全な航行を行うことができないと判断されるものです。水上バイク免許を取得した場合には、小型船舶を操縦することはできません。また逆に小型船舶免許を取得したからといって、水上バイクを操縦することもできない決まりとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です