水上バイク免許とは魅力について

水上バイク免許はジェットスキー免許とも呼ばれている資格で、特殊小型船舶操縦士が正式な名称となります。水上バイク免許にジェットスキー免許の別名があるのは、ジェットスキー専用の船長免許だからです。航行が認められるのは陸岸から2海里で、4km弱の距離の範囲でジェットスキーを楽しむことが可能です。自分でジェットスキーを操縦するのに必須の免許ですから、船舶免許を持っていても1級や2級のみの人は、追加で水上バイク免許の取得を目指す必要が出てきます。

免許取得が可能になるのは16歳からなので、16歳未満の人は免許の発行が受けられませんが、受講自体は15歳9ヶ月からですから、早めに受講を始めて16歳になったら免許を受け取れます。水上バイク免許は受講するスクールによって、国家試験の免除が受けられるようになっています。各種申請手続きなどの代行を請け負っているところも多いので、何かと手間が掛かる手続きをせずに済みます。水上バイク免許はやはり、水上を自由に移動しながら風を感じて海を楽しめるのが魅力です。

視力や色覚、聴力に疾病や身体機能の障害など、免許取得には身体基準が存在するので、いずれかの項目に引っ掛かった人は受講できないです。しかし、健常者であれば大抵は引っ掛からない基準ですし、集中すればそれほど長く感じない受講期間で、水上における自由が手に入る免許の取得に至ります。受講するなら安全かつ安心できて説明が分かりやすく丁寧、短期間で確実な合格を目指せるスクールの選択がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です