水上バイク免許の魅力や特徴の解説

水上バイク免許を持っていると、水上バイクを海や湖などで走らせることができるようになります。爽快に水の上を走り回る感動は、この乗り物ならではのものでしょう。スピード感満点で、夏のレジャーにもピッタリです。そのような水上バイク免許を取得するための試験に必要となることは、教習所を利用するとスムーズに学ぶことができます。

各地にボートの教習所がありますが、そこで取り扱っていることが多いです。教習所は各地にあるので、通いやすい立地にある教習所を利用するとよいでしょう。水上バイク免許は特殊小型船舶操縦士免許という名称が正式なものです。学科と実技があり、比較的合格率は高いので取得しやすいといえます。

小型船舶操縦士免許には1級や2級もありますが、これらを持っているだけでは水上バイクは操縦することはできません。海や湖などで楽しめる水上バイクの免許は、16歳以上の人が取得することが可能です。海で水上オートバイを走らせる場合には、基本的に岸から2海里までの範囲で乗ることができるようになっています。水上バイク免許を利用すると水上バイクの運転ができますが、水上用のバイクは1人乗りから複数人乗りのものまであり恋人や友達などを乗せることもできます。

免許を取得したら仲間と出かけて、海や湖などで一緒に楽しむのも良いでしょう。教習を受けた後、試験を受けて合格すれば免許が手に入りますので次の夏までに取得するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です