水上バイク免許の具体的な取得方法について

水上バイクはジェットスキーやマリンジェットなどとも呼ばれていますが、正式名称は水上オートバイです。日本では特殊小型船舶の一種とされており、エンジンを原動力として船体下にある吸入口から取り入れた水をジェットポンプで加速して動力を得ます。水上バイクには1人乗りで立って操縦するスキータイプの他に、2人から4人で座って乗れるランナバウトタイプなどがあります。湖岸や海岸から2海里の区域内でこれらを操縦するには、水上バイク免許を取得しなければなりません。

水上バイク免許の国家試験は満15歳9か月であることが受験資格とされます。試験に合格して満16歳になれば免許が交付され実際に水上バイクを操縦できます。小型船舶免許には一級と二級、湖川小出力限定の二級免許の他に特殊免許が存在します。水上バイク免許の正式名称は特殊小型船舶操縦士免許です。

これらを取得するには独学の他に登録小型船舶教習所や免許スクールに通う方法があります。総トン数が20トン未満の小型船舶免許は独学でも国家試験を受験できます。学科試験だけならば独学でも対応可能ですが、実技試験の練習ができないため合格率が低くなります。登録小型船舶教習で規定の学科・実技教習を受け、修了試験に合格すれば国家試験は免除されます。

免許スクールで学科・実技の講習を受けてから国家試験を受験する方法もあります。学科試験だけは独学で挑戦し、実技試験は免許スクールの教習を経てから受けることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です